水のトラブルを発見したときの対処法

水のトラブルはいつ起こるかわかりません。年中無休で24時間対応してくれる業者もありますが、到着するまでには時間がかかります。特に水漏れの場合には、被害の拡大を防ぐために応急処置をすることが大切です。
突発的な水のトラブルには、特別な道具が必要な方法は役に立たないことが多いです。水漏れとつまりでは対処の仕方も違って来ます。いざというときに慌てないためにも、ご家庭にあるものでできる簡単な応急処置の方法を理解しておきましょう。

■水漏れの応急処置

家庭内には水道を引き込むための給水管と、使った水を外へ流す排水管の2種類のパイプが通っています。給水管の内部にはきれいな水が通っており、蛇口やシャワーなどで快適に使えるよう圧力がかかっています。そのため管が破損、破裂した場合には、一度に大量の水が噴き出ることも多いです。これに対し、使った時だけ水が流れる排水管は内部に圧力がかかっておらず、つまりが起きやすい特徴があります。
給水管からの水漏れが発生した場合、まず最初にすべきなのは水が出ないようにすることです。蛇口だけでなく、水が漏れている場所にある止水栓も閉める必要があります。周りに水がこぼれている場合には、拭き取っておきましょう。
排水管から水が漏れている場合にもっとも大切なのは、水を使わないことです。配管内部に水が残っている場合には、洗面器や雑巾などを置き、水が流れ切ってしまうのを待ちます。排水管に穴が開いているときは、補修テープで止めるのも良い方法です。

■つまりの応急処置

排水管が詰まると水が流れなくなるのはもちろん、溜まった水があふれてしまう可能性もあります。排水管が詰まった場合には直ちに水の使用を止め、床にビニールシートや雑巾などを敷いてから、溜まった水を汲み取ります。排水口に詰まっているものが見える場合には、手で取り除くのもよいでしょう。押し流すのではなく、引き戻すことがポイントです。
トイレ詰まりの原因がトイレットペーパーなど溶けるものの場合には、時間を置くことで解決する可能性もあります。便器内の水位を減らしてから、お湯や重曹、酢などを入れて様子を見ます。お湯の温度は50度前後がおすすめです。ラバーカップがあれば、試してみるのもよいでしょう。これらの方法を試してみても水位が下がらない場合には、業者に依頼する必要があります。

■まとめ
トイレットペーパーが詰まったとき、早く溶かすためにお湯を使う場合には、お湯の温度に注意する必要があります。熱湯など熱すぎるお湯を使ってしまうと、便器本体がひび割れる可能性もあるのでおすすめできません。手で触れることのできる温度がひとつの目安になります。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ